先輩社員の声

ERIKA SAKAMOTO 経理部(総合職)
入社年:2017年(キャリア採用)

写真 坂本 絵里香

現在の仕事内容は?

私の仕事内容を一言で表すなら「会社の活動を数字で表すこと」です。月次数値を取りまとめる決算業務を中心に、税務・監査対応、社内外に提出する資料の作成や問合せ対応等の経理業務全般に従事しています。また、当社が発展するための経営戦略に役立つような会計資料の作成や提供、経営方針に沿った損益予算の策定と予算と実績の差異分析等の予算管理も行っています。

仕事のやりがいを感じるときは?

日々の業務が月次、年次と積み重なっていくので、無事に決算が終わると達成感があります。決算業務でも予算管理でも、同じような作業を毎月、四半期毎に取り組むので、担当できる業務が増えたり、業務効率を上げて完了することができたり、自分の成長を感じることできて自信に繋がります。また、予算・実績管理や予算策定過程における分析作業では、明確な分析結果をまとめることができると達成感があります。

写真 坂本 絵里香 全身

仕事で心掛けていることは?

物事をよく考え、理解した上で行動することを心掛けています。一つひとつの業務にどのような意味があるのかを理解して作業を進めることで、ミスを防ぐことに繋がります。また、依頼を受けた場合には、どのような成果物が求められているのか相手の意図を確認することで、作業の成果物と依頼主の求める成果物の相違を避けることが出来ます。その結果、仕事のやり直しや修正を防ぐことに繋がり、効率良く作業を進められています。

みずほ丸紅リースへ入社を決めた理由は?

会社の業務の全体像を把握して、自分の業務が会社にどのように貢献しているのか、働いている実感が湧きやすい環境で働きたいと思っていました。ワンフロアで関連部署と連携をとりやすく、経営陣との距離も近く、ライフスタイルが変わっても長く働くことができる職場環境に魅力を感じました。さらに、少人数の経理部ゆえに、経理業務の一部を専門的に従事するのではなく、多岐に渡る業務を従事できることが決め手となりました。

仕事での目標や、自分の夢は?

会計の面から経営を支えられる存在となることが目標です。経営方針をよく理解し、経営戦略と一体化した業績管理を行うことで会社の成長に貢献できるようになりたいです。また、新しいスキームの営業取引が増し、会計・税務処理を検討する機会が増えています。どのような会計・税務処理が適切なのか判断し、営業活動に活かせるような会計処理の提案ができるようになりたいです。

みずほ丸紅リースはどんな社風?

私たちからの相談をしっかり受け止めて、的確なアドバイスをくれる知識と経験が豊富な上司や先輩が揃っています。若いうちから様々なことに挑戦できるチャンスがあり、若手社員でも大きなプロジェクトに携わっています。社員全員の顔と名前が一致する会社規模観ゆえに、社員同士の仲も良好です。

オフの過ごし方は?

話題のスポットに出掛けたり、おいしいものを食べたりしてリフレッシュしています。特にパンが大好きで、社会人になってからパン教室に通い始めました。パン作りは、他の事を忘れて集中して生地をこねるので、気分がスッキリします。捏ね上がった生地はとても柔らかく、赤ちゃんの肌のようで触っているだけで癒やされます。焼き上がったパンの香りとふわふわの食感は、焼き立てだからこそ味わえる贅沢な瞬間です。

就職活動中の皆さんへのメッセージ

「自分を知ること」「相手を知ること」が重要だと思います。これまでの人生を振り返り、どのようなときにやりがいを感じるのか、どのような環境で力を発揮できるのか等、自分自身を分析してみてください。それによって、長い社会人生活でどのように働きたいのか、自分にとって重要な要素が明確になってくると思います。将来の可能性を狭めないためにも、様々な業界・業種に興味を持って就職活動を進めるのが良いと思います。