先輩社員の声

TOMOHIDE MARUYAMA 営業第二部(総合職)
入社年:2016年(新卒採用)

写真 丸山 智嗣

現在の仕事内容は?

丸紅の事業本部や傘下の事業会社向け営業を担当しています。最近は、パルプのトレードや民泊関係のファイナンス検討に携わりました。物流設備や情報機器など、ベーシックなリースも日々対応しています。また、他金融機関のメザニンパートアウトやファンド出資など、丸紅に依らない案件も主担当として取り組んできました。主な仕事は対顧客への営業活動、与信判断および社内申請、解約業務などの期中契約管理です。

仕事のやりがいを感じるときは?

お客様から感謝されたり、認められることをやりがい(目標)としています。任された仕事に対し真摯に取り組めば、それを評価してくれる人が当社にはいます。まだ大規模案件の企画からクロージングまでを担当したことはないのですが、当社はチャレンジ精神をプラスに評価する環境だと感じています。一日でも早く認めてもらえるよう、これからも頑張ります!

写真 丸山 智嗣 全身

仕事で心掛けていることは?

円滑な社内連携です。私一人の力だけではパソコン1台の契約もできません。事務フローをきちんと理解し、「何をどの部署のどの担当者に問い合わせればいいのか」を適切に把握するよう意識しています。組織である以上、互いの業務範囲・分担をきちんと認識することが円滑な業務遂行につながると考えるからです。

みずほ丸紅リースへ入社を決めた理由は?

モノという切り口のファイナンスに関心を持ちリース業界を選びました。総合商社、リース会社それぞれの業界大手2社が株主という資本背景が入社の決め手です。大手リース会社であるみずほリースのファイナンスノウハウを事業基盤とし、5大商社である丸紅を軸に事業展開しているところが当社の魅力だと思います。

仕事での目標や、自分の夢は?

仕事上の当面の目標は英語のビジネス文書をスラスラ読めるレベルの語学力を習得することです。入社当時は国内向けの営業でしたが、最近は営業活動の中で英文書類を読まなければならない場面が増えており、会社としても海外案件のウェイトが大きくなってきていることが背景にあります。プライベートでは、入社当時の体重に戻ることが今の私の夢です。

みずほ丸紅リースはどんな社風?

個々がそれぞれの能力を活かして会社を牽引していく社風です。自らを研鑽し主体性をもって臨めば大きな役割を担うことができるようになります。また、評価制度の見直しが行われ従来よりも能力(実績)が反映されやすい制度となりました。資本再編を機に制度の見直しを進めていることからも、これからさらに成長していこう!という雰囲気が増していると思います。

オフの過ごし方は?

アニメと漫画とゲームが好きなので、休みの日はどっぷりハマっています。また、パスタを打ったりスパイスカレーを作ったり圧力鍋でチャーシューを作ったりと、料理もしています。長期休暇をいただいた際には、一眼レフカメラを持って旅行に行き、撮った写真のレタッチも行っています。

就職活動中の皆さんへのメッセージ

どんな会社においても、こんな仕事がしたい!と思って入社してもその仕事ができるとは限りません。希望する仕事にすぐに就けなくても、焦ることなく力をつけて希望の仕事を目指して一緒に頑張りましょう。また、入社してから、新たな希望や目標が生まれることもあります。