先輩社員の声

MIWA MAKINO 財務(一般職)
入社年:2009年(新卒採用)

写真 牧野 未和

現在の仕事内容は?

海外案件に関わる外貨業務を担当しています。その中でも船舶ファイナンス案件に関わる外貨の入出金管理をはじめ、送金・入金処理等の外国為替取引業務が主になります。部分的な業務ではなく、案件の流れ全体を把握することができるので、とてもやりがいを感じています。その他、伝票・書類の作成、来客・電話対応等、一般職としての業務を日々行っています。

仕事のやりがいを感じるときは?

自分が携わった案件の借入契約や送金・入金取引が無事に実行し、実際に資金が動いたときにとてもやりがいを感じます。案件によって様々な送金パターンやスキームがあるため、その都度調べたり、確認したり、手間がかかりますが、全てクリアして無事に実行できた時の喜びと安堵感は例えようがなく、次への自信に繋がります。

写真 牧野 未和 全身

仕事で心掛けていることは?

常に報連相(報告・連絡・相談)を心掛けています。何事も一人で抱え込まず、常に部内の人と情報共有することで、事前にミスを防ぐことができ、ミスをしてしまっても大事には至りません。また、ミスをしてしまったときは、なぜ起きてしまったのか、今後どうしたらいいか等の原因と対策を考えることも心掛けています。

みずほ丸紅リースへ入社を決めた理由は?

一番の決め手は職場環境です。私は「やりがいのある仕事もしたいし、プライベートも充実させたい」「ライフスタイルが変わっても長く働ける会社に就職したい」という思いで就職活動をしていました。当社の選考に足を運び、先輩社員や人事の方の話を聞き、この会社でなら理想の働き方が出来るのではと思い、入社を決めました。入社してからも期待を裏切られることはなく、仕事にやりがいを感じながら、就業後には同僚と皇居ランをしたり、友人との時間を楽しんだり、プライベートな時間も充実させることが出来ました。結婚・出産を経た現在も、家事・育児をしながらバランスを取って働くことが出来ています。

仕事での目標や、自分の夢は?

もっと多くの案件に携わり、外国為替取引業務を極めたいと思っています。案件によって取引国や扱う通貨が違い、スキームも様々です。経験を積み「外貨は牧野がいれば大丈夫!」といわれる存在になれるよう頑張っていきたいです。

みずほ丸紅リースはどんな社風?

とても風通しがよくフラットな社風です。私のように子育てをしながら仕事をしている人も多く、ライフスタイルが変わっても働ける制度が整い、制度を使用した実績もあります。社員同士の仲が良く、相談もしやすいです。休日も一緒に出掛けたり、旅行に行ったりと、プライベートを共に過ごしている人もたくさんいます。また、研修制度や資格取得制度を利用してスキルアップし、なりたい自分の実現に磨きをかけている人もいます。

オフの過ごし方は?

週末は主婦・ママスイッチを入れて、家事や子供の習い事の送迎をしています。家族で出掛けたり、外食をすることも多いです。有給休暇の取得が会社で推奨されているので、自分の時間は有給休暇を取って確保し、美容院に行ったり、友達とランチをしたりしてバランスを取っています。

就職活動中の皆さんへのメッセージ

就職活動は、限られた期間の中で一日の大半を過ごす環境を決めなければならないので大変だと思いますが、自分と向き合えるいい機会であり、得るものも大きいです。周りの状況に焦らず、体調管理に気を付けて頑張ってください。